墓石のかたち

ひとことでお墓と言っても、和型、洋型、デザイン墓石、そのかたちは様々です。
最近では、墓石の加工技術の向上に伴い、
従来の概念にとらわれない自由な発想を墓石にも表現できるようになりました。
ここでは主な墓石のかたちをご紹介いたします。

和型

現在でもお墓の9割を占めている和型墓石。
地域や宗派での違いはありますが3段と4段のものがあり、
竿石、上台、中台、下台(芝台)で構成される4段のものが一般的です。
竿石や上台に装飾を加えた墓石もあります。


洋型

ライフスタイルや嗜好が多様化する中、
芝生墓地の普及や、ゆとり・ガーデニング墓地など新しいタイプの登場により
広く選ばれるようになった洋型墓石。
和型に比べ墓石の構成が簡素で墓石自体に横幅があるので
デザインに変化をつけやすく、彫刻や加工で様々なイメージを表現できます。




デザイン墓石

従来の概念に捕われず、故人の思い出やご家族の想いを
自由な発想でかたちにしたお墓です。
長年に渡る経験と進化する技術を駆使し、
世界にひとつだけのお墓をお客様と一緒につくり上げます。



五輪塔

五輪とは仏教で宇宙の五大元素を表しています。
下から地輪、水輪、火輪、風輪、空輪となり、それぞれ、方、円、三角、半月、宝珠
の形に作られた部位で構成されます。元はインドや中国から伝わったものが
日本独自の形となり、宗派を超えて各地で供養塔や墓標として広まりました。



ウォール型

墓地不足の解消と少子化で大きな敷地を必要としないなど
多様化するにニーズに対応するために生まれた墓地です。
コンパクトで簡素なものが多く、区画に予め建立されている墓石に
名前を刻むだけのものや、規格型の墓石を建立するなど色々なスタイルがあります。


Copyright(c) 2011 Hills Seichi Group All Rights Reserved.